意見を伝えるのが苦手

自分の子供はどういったタイプでしょうか。はっきりと意見がいえるとか、思ったことを口に出すのが得意なタイプだとか、積極的な子もいれば、反対に口にだすのが苦手なタイプだったり、引っ込み思案なタイプの子もいるでしょう。塾などで勉強をしているときに、そういった引っ込み思案のタイプの子の場合、集団の中での勉強の場合、なかなか質問などをすることができずに、わからないものがそのままわからない状態で放りっぱなしになってしまっているということもあるでしょう。そうなっていては、せっかくの勉強の時間がもったいないことになってしまいます。

そういった子には、家庭教師の勉強方法があっているといわれています。1対1での勉強になるので、こちらからここがわからないということを伝えることをしなくても、先生のほうからここが苦手だなということを分かってもらうことができるので、意見をいうことが苦手な子であっても、勉強の面ではしっかりとサポートをしてもらうことができるでしょう。せっかくの中学受験なんですから自分にあった勉強方法を選んであげましょう。子供が家庭教師をつけてほしいというのであれば、しっかりとそれに答えてあげることができるように、親としてサポートしていきたいものです。