理科と社会の対策

家庭教師に勉強を見てもらいたいと思ったときに、どの教科にしたらいいのかと悩む人もたくさんいることでしょう。算数が苦手という人が多くて、算数に力を入れている人はたくさんいるでしょうから、家庭教師にも算数をと思う人も多いでしょうし、国語を選ぶという人もたくさんいます。しかし、理科と社会はどうなるのかというと、なかなかそこまで手がまわらないという人も多いのではないでしょうか。

確かに国語と算数というと、2大の大きな主となる科目になるので力をいれておきたいのはその通りでしょう。しっかりとこの2つをおさえて、安心しておきたいところでもあります。しかし、理科と社会も不安だという人もいるでしょうから、月に1回だけでも、理科と社会を組み込んでもらうように家庭教師の先生にお願いしてみてもいいでしょう。たとえ月に1回であっても、しっかりと復習をしておくことで、頭の中で整理をすることができるので、わからないを放っておくことがなくなるでしょう。

中学受験は、自分の力をどれだけ発揮できるかも重要ですが、それだけなくライバルとどれだけ差をつけるのかが大切になります。理科と社会も放っておくのではなく、対策をしておきましょう。