宿題の重要性

小学校の高学年にもなると、毎日の授業の時間も長くなって、帰ってくる時間も遅くなってきます。学校から持って帰ってくる宿題もなかなか濃いものになってきますので、時間を確保することが大変だと感じることもあるでしょう。そこにきて、中学受験をするとなると、毎日の学校の授業に宿題、そしてそこから中学受験対策用の勉強をしていかないといけなくなります。自宅で問題集でも使って勉強をすることができたらいいいのかもしれませんが、独学というのもある程度の限度があるので、だれか家庭教師の先生についてもらうのが一番です。

家庭教師をつけることになったときに親としてお願いしておきたいところといえば、宿題を家庭教師の先生からも出してほしいということです。宿題ばかりになってしまったら、子供の自由な時間がなくなるからかわいそうに感じてしまう人もたくさんいるでしょうが、中学受験というのは、なかなか特殊な受験になりますので、しっかりと対策を考えることが大切です。毎日同じことを繰り返すことが、覚えることの近道になります。息抜きをさせることも大切ですが、宿題でしっかりとその日の復習ができるような環境を親として作ることも大切になります。