わからないと聞けないときに

わからないときに、すぐにわからないと聞ける状態であれば、わからないをわかるにすぐに変えることができて、勉強のつまずきを防ぐことができるのでしょうが、学校の中でわからないことを手をあげてわかりませんというのは、子供にとってなかなか勇気の必要なことです。みんなの前でわからないというのが恥ずかしいとか、授業はカリキュラムにそってすすんでいくので、1人がわからないと言っているからといって、ずっと納得できるまでその点を重視して教えてもらうことができるわけでもありません。

自分で、自宅で勉強をするときに、自分でわからないをわかるというふうにしていくことができたらいいのですが、なかなか自分でとなると難しいこともあるでしょう。そういったときに、家庭教師がついていたら、わからないことがあったとしても自分1人が生徒なので、周りの目を気にすることなくわからないということができるでしょうし、1対1だからこそ、先生が気がつくということも多いのです。

わからないところがあると、受験を控えていたら不安になってしまったり、心配がつよくなってしまったりしますが、家庭教師がついていることで安心できる部分が大きくなるでしょう。